家賃保証会社を比較すればコストダウンを実現できる

メンズ
マネー

双方にとって有難い存在

家賃保証会社は連帯保証人と比較して格段に高い家賃保証の信頼性があり、また、家賃滞納が起きたことの連絡も容易ですから、利用している賃貸物件は多くあります。入居者にとっても連帯保証人の役目を引き受けてくれる有難い会社ですので、連帯保証人不要と告知すれば、集客が上がる可能性は大いにあります。

重要な選定基準

積み木

押さえるべきポイント

家賃保証会社は連帯保証人よりも高い信頼があるにもかかわらず、費用負担がありませんから、現在、多くの賃貸物件で利用されています。その家賃保証会社を選定する際、いくつかの会社を比較するはずですが、比較のポイントとして絶対にはずしてはならないのが経営状況です。家賃保証会社が利用される理由の1つに近年、家賃滞納をする入居者が増えていることが挙げられます。それは同時に、家賃保証会社が立て替え払いをしている件数が多くなっていることを意味しています。立て替え払いを多くすれば、当然、会社経営に悪影響を及ぼすことになり、実際、家賃保証会社の倒産は多発しているのです。倒産されてしまうと家賃保証は消滅してしまいますから、経営状況の比較は必ず行わなければならないのです。経営状況は決算報告を見れば確認できますが、決算報告をホームページに掲載している会社もあれば、していない会社もあります。掲載していない会社の場合は、営業等の担当者に連絡をして、決算報告を見せてもらうべきです。また、入居条件に家賃保証会社との契約を含めるとなると、入居希望者に経済的な負担を強いることになりますから、料金に関しても比較すべきです。料金はもとより、契約内容も会社によって異なり、1年契約の会社もれば、2年契約の会社もありますので、料金の比較は総合的に行う必要があります。加えて、立て替え払いした分の回収を強引な手段で行う家賃保証会社も中にはありますので、そういった評判も確認しておく必要があります。

女の人

家賃滞納問題の新たな対策

家賃保証会社は滞納家賃の立て替え払いと、その回収をする会社で、連帯保証人と比較した場合、格段に信頼できるので、利用する賃貸物件が増えています。契約するのは入居者ですが、選定は賃貸経営者が行う必要があります。料金負担も入居者となりますので、その点を考慮し、敷金の低額や撤廃をした方が良いと言えます。

貯金箱

連帯保証人は不要

家賃保証会社は賃貸物件の入居者の滞納家賃を立て替え払いをする、連帯保証人代わりとなる会社のことで、現在、多くの賃貸物件で利用しています。家賃保証会社は数多くありますが、選定にあたり比較すべきことは経営状態、保障内容、支払日金といったことが挙げられます。