家賃保証会社を比較すればコストダウンを実現できる

女性
  1. ホーム
  2. 連帯保証人は不要

連帯保証人は不要

貯金箱

家賃保証会社とは、連帯保証人に代わり、賃貸物件の入居者の家賃保証をする会社のことです。入居者の家賃滞納が発生した場合、連絡を入れれば立て替え払いをし、その分の回収も家賃保証会社の方で行いますので、家賃保証会社がいれば連帯保証人は不要となり、安心して家を借りることができるようになります。従来、連帯保証人を立てることは賃貸物件入居の必須条件ですが、昨今は連帯保証人を立てられない人が増えており、そのせいで入居率の低下が懸念されます。また、連帯保証人がいたとしても、経済的な問題で家賃保証が実質、不可能な連帯保証人もいますので、現在、家賃保証会社を利用する賃貸物件は多くあります。家賃保証会社との契約は入居者なのですが、家賃保証会社の選定は賃貸経営者側で予め行っておきます。現状、数多くの家賃保証会社は数多く存在しているのですが、選定のポイントはいくつかあります。まず、必ず比較しなければならないのは、経営状態です。収入や規模が大きい会社の方が比較的経営が安定している傾向にありますので、そのあたりも大いに比較すべきだと言えます。また、保障内容の比較も必要であり、家賃保障しかしない会社もある一方で、更新費や原状回復費までをも保証する会社もあります。そして、いつ滞納家賃の立て替え払いが振り込まれるのかも比較しておいた方が良いでしょう。数日後という会社もあれば、翌月末の会社もあるので、その点も比較する際にチェックしておきましょう。