家賃保証会社を比較すればコストダウンを実現できる

女性
  1. ホーム
  2. 双方にとって有難い存在

双方にとって有難い存在

マネー

連帯保証人の役目を担う

近年、連帯保証人を必要とせず、家賃保証会社と契約すれば入居できるという賃貸物件が増えています。その理由として挙げられるのは、家賃保証の信頼性が連帯保証人と比較して家賃保証会社の方が格段に高いことです。また、連帯保証人と比較して、家賃滞納が起きたことを連絡しやすいということも理由の1つに数えられます。家賃保証会社の家賃保証はビジネスですから、連帯保証人と比較すると何かにつけて有利になるのです。加えて、昔と比較して家賃滞納者が増えており、家賃保証の重要性が高まっていることも理由となります。ただ、入居者にとっては契約や更新の際に料金を支払わなければならないので、家賃保証会社は有難くはない会社となります。しかし、必ずしも、そうとは言えず、なぜなら、家賃保証会社は前述したとおり、連帯保証人の代わりの役目を担う会社だからです。現代の日本は核家族化が進み、社会の高齢化も進んでいますので、連帯保証人を頼めるような人が周囲にいないという人は結構多くいます。仮にいたとしても、大きな負担を背負わせてしまうことになりますから、気軽に連帯保証人になってほしいとは言えないものです。その連帯保証人の役目を料金を支払うことで引き受けてくれるわけですから、家賃保証会社は人によっては有難い会社となるのです。そして、このことは賃貸経営者側にとっても有利なことであり、連帯保証人は不要だと告知すれば、入居希望者が増える可能性は大いにあります。