家賃保証会社を比較すればコストダウンを実現できる

女性
  1. ホーム
  2. 家賃滞納問題の新たな対策

家賃滞納問題の新たな対策

女の人

利用価値が高い会社

家賃保証会社は賃貸物件の入居者の滞納した家賃を代わりに支払い、その回収も独自に行う会社のことです。比較対象となるのは連帯保証人ですが、何せ業務ですから、連帯保証人よりも遥かに信頼できますので、家賃保証会社を利用する賃貸物件は急増しています。賃貸管理会社等、賃貸経営をサポートする会社との比較で大きく異なることは、契約するのは賃貸経営者ではなく、入居者であることです。賃貸経営者は家賃保証会社と契約することを条件に入居させるという手法で、家賃保証会社を利用します。ただ、賃貸経営者は数ある家賃保証会社の中から、契約させるに相応しい、信頼のおける会社を選定しておく必要があります。家賃保証会社は倒産が多いので、必ず比較検討した上で、選定しなければならないのです。また、利用にあたっての料金負担は、すべて契約する入居者となりますから、料金の比較も選定の際に重きを置くべきです。ただ、仮に安い料金の家賃保証会社を選定しても、他の家賃保証会社を利用していない賃貸物件と比較すると、入居にかかる費用は多くなってしまいます。そのせいで、入居率が悪くなることも考えられますので、対策を講じる必要があるのですが、有効な対策は敷金を見直すことです。家賃保証会社を利用することで家賃滞納問題の対策は万全となりますから、敷金の必要性は、かなり低くなります。よって、敷金の低額や撤廃は可能であり、そうすることで、逆に入居にかかる費用を少なくさせることができます。